ポイックウォーター(タンパク分解型除菌水)について

皆様こんにちは

本日スタッフブログに次亜塩素酸水(高濃度次亜塩素酸水)処方いたしますと投稿しました。

このお水は当院ではポイックウォーター(タンパク分解型除菌水)と言います。治療前に必ず患者様にうがいをしていただているお水です。

またホームケアとして自宅でご使用をお願いしております。

タンパク分解と言いましても皮膚、髪の毛などではなく、細菌を分解したりウイルスを不活化する事です。

ポイックウォーターは分解や不活化させた後には除菌水に変化します。

タンパク分解洗浄の主役は次亜塩素酸イオンが480ppm、消毒の主役である次亜塩素酸が20ppmに設定されています。

次亜塩素酸の食品添加物規定の上限80ppmより、はるかに低い濃度です。

このお水はアルカリに設定されていて、うがいをして20秒くらいでお口の中で中性から弱酸性になります。

その後次亜塩素酸が20ppmから80ppmになり洗浄に使われます。洗浄に消費された後は0ppmになります。

一種類のお水で二つの効果が同時に出来る機能水です。

人体の白血球(好中球)が細菌を殺すときに主に作用しているのは次亜塩素酸と言われています。

当医院で、塩と純水を電気分解して精製しております。化学物質は使用しておりません。

歯周病、歯根治療、むし歯、歯周病、口臭予防に効果があります。

またお部屋の空間消臭、感染症の予防に効果があります。私どもではポイックウォーターの効果を利用して最大限に活用しています。

関連記事

  1. スタッフより

  2. お食事の順番を考えましょう

  3. 意外なものに砂糖が含まれています

  4. 砂糖について考えましょう

  5. ストレス、運動不足からもお口の病気

  6. むし歯になりやすいですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP